妊娠線予防はオイルよりもクリームがおすすめ

妊娠線予防はオイルよりもクリームがいい

妊娠線予防をする際にはオイルとクリームがありますがオイルはデメリットがあるので長期的に使うのが難しいです。
オイルの特徴としては以下のことが挙げられます。

 

べとつくので下着や服についてしまう

オイルは性質上べとべとしているので体に塗った後に服を着るとひっついてしまいベトついてしまいます。妊娠中はお腹が張るので特に肌が服と接触しやすいのでずっとべたっとしたまま生活するのは不快感がともないます。

妊娠線オイルは使いにくい

塗った後には手を洗う必要がある

オイルを触った後には手を洗う必要がありますが、その性質上なかなかべたつきが落ちません。毎回オイルを使うたびに手を洗う面倒さを考えると長期的に使い続けにくいものです。

 

妊娠線クリームは使いやすい

使い勝手の悪いオイルですがそれに比べて妊娠線用クリームの方がおすすめです。

 

べとつくことがない

クリームはオイルのようにべとべとしておらずさらっとした使い心地なので毎日問題なく使うことができます。べとつくことがないので使った後に手を洗う必要がないのもポイントです。
>>べたつかない妊娠線クリームはこちら