妊娠初期に気をつけること

<保存版>妊娠初期に気をつけること

しっかりと写真にお腹の成長を残すこと

子供は何人作るのかはわからないものですが後になって一人しか生まなかったときに出産までの経過を写真で見れないと物寂しいものです。
いまならスマホで簡単に写真が撮影できるので毎週のお腹の変化を撮影しておくことで後からいい思い出になります。

 

葉酸サプリを摂取すること

胎児が征討していくためには様々な栄養分が必要になってくるので毎日の食事だけではすべての栄養をカバーできないことがあります。
なので幅広い栄養分が入った葉酸サプリを妊娠初期の時から摂取することがおすすめです。

 

妊娠時の便秘対策

妊娠すると体質の変化が肌や体の中に現れます。特に便秘になりやすくなるのでその対策として蒟蒻ゼリーを家に準備しておくと困った時に対応ができます。

 

職場の方に伝えておくこと

妊娠初期は問題なく仕事が続けられますが妊娠中期以降になるとお腹も大きくなるため周囲への配慮が必要になってくるので職場の上司へ相談しておくことが必要です。

 

妊娠や育児に関する本を読みましょう

初めて妊娠する場合にはわからないことがたくさん出てくるのでネットで検索したりすることが増えるはずですがなかには間違った情報を信じてしまうこともあるので、正しい情報を得るためにも書籍から情報を得たほうがいいです。
本のほうが目次から自分の探したい情報がすぐに分かるので重宝しますよ。
妊娠に関する本は図書館で借りてくることもできますが妊娠や育児に関する本は常に人気があるので予約が何人も入っているのでなかなか借りにくいものですし返却期限があるので毎回借りたり返したりしないといけません。
こういった手間を省くためにも中古でもいいので購入しておきましょう。
Amazonなら探せば安い本が買えるので便利ですよ。

 

タバコを吸うことをやめること

妊娠したら絶対にタバコを吸うことをやめるべきです。タバコの有害物質は確実に胎児へと影響を及ぼすために早産や流産といったリスクを減らすためにはキッパリとやまましょう。
いきなりやめると確かに禁煙するとストレスがたまることは当たり前です。しかしその場しのぎでタバコを吸ってしまうだけで生まれてくる赤ちゃんがなにか問題を持っていたりすると絶対に嫌なはずです。
今では電子タバコがあるのでこちらを代用することでタバコを吸っているような気分に浸ることができ有害物質もないのでおすすめです。

妊娠中にお酒は禁止

妊娠中にお酒を飲んでいると赤ちゃんが先天的な障害を持って生まれてくるリスクが高まります。妊娠中はお酒はやめてスムージーといった健康的な飲み物のほうが栄養分が摂れるのでおすすめです。

妊娠線の予防を行うこと

妊娠初期はお腹が目立つほどに大きくなることはありませんが月日が経つにつれてどんどんお腹は大きく張っていきます。
お腹が大きくなっていくと皮膚が伸びていくのが間に合わなくなって妊娠線という赤い線でできてしまうので早いうちから妊娠線クリームで保湿ケアを行っておくことが大切です。
妊娠線クリームのこちらのページで紹介しているので自分にピッタリなものを見つけてください。

 

激しい運動を避けること

お腹に強い振動がくるような動きはなるべく控えておくことです。ウォーキングやヨガなどは体にいいので積極的に行っていきましょう